足の冷え放ったらかしにしないで!

 

さてさて、妊活ガールの皆様、冷えって本当に嫌なやつだと思いませんか!?

 

『そりゃそうだよっ!』って声が聞こえます。笑

 

みなさんもご存知の通り冷えは妊活にとって良くありません。

 

ですが意外なことにほったらかしにしている人が多いんですよねーー!

 

クライアント様の治療に入ると多分10人に7人くらいは冷えてるんですよね❄️本当に。

 

ってことはみなさん冷えを意外と放ったらかし?

 

もしくは治したいけど治せない?

 

冷えは本当に妊活にとって天敵です!!

 

早いうちに退治しましょう!!!

 

なぜなら冷えてしまうと身体が………

 

では冷えてしまうとどんな影響があるのでしょうか?

 

特に足の冷えが妊活をしている方は要注意です!!

 

なぜなら足の血流、特に

ふくらはぎ、下腿の血流は

骨盤内の血流と比例することが研究でもわかっています。

 

なぜなら骨盤内の血流は足の血流の流れがポンプの役割を果たし調節されています。

 

つまり足が冷えてしまうと、

子宮、卵巣にうまく血液を供給できなくなるということですね。

 

こうなってしまっては、卵子の質や子宮内膜に影響を及ぼすのはいうまでもありません。

 

みなさま足の冷えを甘く見ていましたか???

 

放っておいてはいけません!!!

 

でもどうやって直せばいいの?

 

基本的な冷えの根本の治す方法は以下にあると私は考えています。

①運動して筋力アップ!
②温活で代謝アップ!
③内臓のケアで全身の血流アップ!





 

①運動
冷えの原因の一つで『筋力不足』があります。

特にデスクワークの方がこれに当てはまります。

こういう方は下半身の筋肉をつけることで冷えを改善できます。

騙されたと思って朝起きた直後に

『スクワット10回』を毎日実践して見てください!

結構これだけで筋力がつき冷えが改善されるんです(^^)

 

②温活
よもぎ蒸しやよもじお、遠赤外線など

温熱効果のあるものでしっかり体を芯まで温める。

あと冷えないようにしっかり保温!!

冷やさないということがまず冷え性改善の第1歩かもしれませんね。

 

③内臓
隠れた原因で1番多いのが内臓です。

内臓が疲れてしまうと、自己治癒するために血液を内臓でたくさん使います。

そうなると末端までに血液が行かなくなり冷え性が発生してしまいます。

特に現代人は消化器が原因になることが多いです。

まずは腹8分め、少食を心がけるだけで内臓のケアができますよ。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたには妊娠する力があります❤️

自分を信じ、赤ちゃんを信じ
1日でも早く妊娠できますように。

多謝♡

にゃんこ先生🐈